特定非営利活動法人遺品整理士認定協会

明日へのの証しのために

現代ほど"遺品整理"という仕事に対し、注目が集まっている時代は、これまでなかったでしょう。
わが国の高齢化の急速な進展と、核家族化に代表される社会構造の変容に伴い、遺品整理業は、特に"需要"が高まっています。

故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの遺品整理は、これまでご遺族の方の手で行われることが一般的でした。 しかし、現代のライフスタイルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは支えきれないのが現状です。

こうした社会背景を受け、遺品整理業の事業者数も年々増えています。 しかし、現時点では、遺品整理業に関する法整備がほとんど整っていないこともあり、不要品を不法投棄したり、不当に高額な料金を請求するような業者も少なからず存在します。

遺品整理士認定協会は、遺品整理業の社会的役割と事業者数の増大に伴う、モラルの低下を是正することを理念とし、業界の健全育成をはかるため、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験を実施することを目的として設立されています。

我が国は、2030年問題として、超高齢化社会が進み、50歳以上の男性だと3人に1人は、未婚者になるという推計も内閣府より出ており、さらには、高齢者の2人に1人は、孤立死をする可能性があると統計も出ております。

今後、孤立死問題は、メディアや新聞、書籍など、様々な分野で、注目を集め、更なる社会問題となり、核家族化、未婚率、超高齢化社会に伴い、遺品整理の需要が急激に増加すると言われております。

遺品整理業は、高齢化社会の中で20年は確実に収益を上げ続けることのできる仕事と言われています。
ますます需要が高まるからこそ、専門的知識を習得し、適切な対応を行っていくことが今現在、求められています。

“イノチ”と向き合うこと、共に“生きる”ということ、そのために、遺品整理士の存在意義があります。
大きな信頼は、小さな絆から生まれます。

推薦の言葉

故人を亡くし、正常な判断能力が鈍っている遺族にとって、遺品整理は、経験したことない未知の作業であるため、その混乱と無知に乗じて、悪質業者が入り込み、思わぬ被害を生じかねない作業である。
「遺品整理士」は、悪質な業者がはびこり、実際に被害が出ることを事前に防止するために必要である。

立教大学 大学院法務研究科 教授

法学博士 渋谷秀樹

需要が急増する遺品整理業界

急速に高齢化が進み、2017年には65歳以上の高齢者がいる世帯は2416万5000世帯を数え、そのうち高齢者が一人で暮らす世帯「高齢単身主世帯」は665万9000世帯でした。最近20年間で、3倍強にも増えております。
しかしながら、高齢化の進行や、異業種から遺品整理業への新規参入に伴い、「価格の不透明性」「サービス内容の明確性」「業者間との競争」「非合法処理」などの社会問題が多発してきております。
また、「遺品を勝手に捨てられてしまった」「現金が無くなった」など、現場レベルでのトラブルも多発しております。

遺品整理に関するトラブル・苦情からご遺族をお守りいたします!

遺品整理は、故人の想いのこもった品々を取り扱う仕事です。
弊協会は、遺品整理の業務について、故人やご依頼されるご遺族の気持ちを汲み、心のこもったご対応を行って頂けるよう、ご対応に務め、「遺品整理士」資格をお持ちの業者・お持ちでない業者を問わず、遺品整理業務について、業者の不正行為や不当回収・売却、高額請求などのトラブル・問題等がございましたら、弊協会までご遠慮なく、皆様からのご意見・ご連絡をお寄せ頂ければと思います。

遺品整理・生前整理等の専用サイト「みんなの遺品整理」

遺品整理業者の需要が高まり、急減に業界への企業参入が増えておりますが、その一方で、悪質な対応を行う企業の存在もございます。

「無料見積もりといいながら、見積り時に費用請求を受けた」「作業費用のほかに、説明なく着手金がかかるといわれ、請求された」など、作業費用に関わるトラブルのほか、見積り時には対応可能といわれていた作業が、実際の作業のときに、「これはやっぱり対応できない」と、当初予定していた作業を急に行えないという業者までいるようです。

そうしたトラブルを防止すべく、弊協会では、株式会社LifullSenior様と共同で、サイト「みんなの遺品整理」を開設し、“着手金無料”“見積費用は完全無料”、“追加請求なし”で、対応して頂ける業者を紹介させて頂きます。

みんなの遺品整理


ご挨拶

遺品整理、生前整理で、トラブル・お困りごとが起こる前に対処しなくては、今トラブルが起きてしまっては遅いです。
不法投棄や違法買取など、色々な問題が起こっており、そうした問題が起こらない為に、私たちが存在しています。
「毎日を安心して過ごす」「毎日を笑顔で過ごす」を目標に、私たちは、皆様の安心安全のため、ご遺族を守るため、日々邁進して参ります。 皆様におかれましては、今後ともあたたかいご指導を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
この事業に伴い収益が発生した場合、ひきこもりの若者や不登校の子供たちを支援している、NPO団体や家族の会、親御様が運営するサポート校などに寄付致します。

今後の遺品整理業界の動き

総務省の統計によれば、今後30年においては、高齢者人口と高齢者率がそれぞれ増加していくことが予想されており、また、この高齢化の高まりによって、遺品整理を遺品整理業者に依頼する件数も年々、増していくことが伺えます。
高齢者人口が増えることで、遺品整理の機会が増えることも想像できますが、ここに加えて、遺品整理業務の担い手となる方々も高齢となり、ますます遺品整理業者の存在は大きくなることでしょう。
だからこそ、しっかりとした知識・認識をもち、高まる需要に対応できる専門家「遺品整理士」の需要は今後ますます高まっていきます。



遺品整理が大変な理由(わけ)
遺品整理は、故人が愛用していた品物や故人を思い起こす品物のため、非常につらい作業になります。
もちろん、形見として残すものはありますが、それでもなかなか踏ん切りがつかないものです。
また、故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの遺品整理は、これまでご遺族の方の手で行われることが一般的でしたが、現代のライフスタイルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは支えきれないのが現状です。
ご遺族が遺品整理をすると、どうしても故人への感情が高まってしまい、作業が進まない状況も生まれ、精神的にも負担がかかってしまいます。
その他にも、高齢者人口の増加に伴い、遺品整理の担い手も高齢者となる傾向が強まっており、人の手を借りなくては、遺品整理作業が行うことができないという状況は今後ますます増えていくでしょう。

遺品整理を上手に行うコツとは
遺品整理を上手に行う方法は、いくつかのコツがあります。
以下では、遺品整理の悩みを少しでも減らせるように、作業を効率的に行えるコツを紹介しています。

コツその1
家具や家電など「大きなもの」から整理してみましょう。
家具や家電などは、大きくて物理的に大きく場所を取るばかりか、多くが量産品ですので市場価値も高くないようです。
特に思い入れがあったり、貴重なものであったりすることがなければ、悩まずにすぐに処分するといいでしょう。作業スペースも増え、整理もしやすくなります。ご自身で出来るのであれば、ご自身でやってみましょう。

コツその2
たくさんの人を集めて整理してみましょう。
遺品整理はその量の多さや体力的負担の高さから、大人数でやれるならそれに越したことはありません。
人手が多ければその分日数も短く済みますし、悩みも減り負担も軽減することができるでしょう。
たとえば、親戚が多く集まれば、その場で話し合いながら整理できますので、あとになってトラブルになるリスクも減らせます。
遺品整理は四十九日法要のタイミングなど、できるだけ多くの親戚で集まって作業できる日にするといいでしょう。

コツその3
価値のありそうな品は専門業者に査定依頼してみましょう。 貴金属類や骨董品、美術品、また最近ではコレクターズアイテムなどは、買い取りしてもらうことで高値の価値がつくことがあります。
もし保存状態のいい品があったら、それを専門に扱う業者「遺品査定士」などに依頼をし査定をしてみましょう。

コツその4
遺品は種類ごとに仕分けしてみましょう。
たくさんの物が無造作に置かれている状態だと、一つずつ処分しているようでは一向に終わりが見えません…。
まずは処分する・しないに関わらず遺品の種類ごとに分けていくのがいいでしょう。
衣類・書籍・食器・小物雑貨…。種類ごとにまとめておくことで、不要な衣類は捨てる、書籍は買取に出すといったように、その後の処理も楽になるでしょう。

コツその5
整理に行き詰まったら「遺品整理士」に相談してみましょう。
遺品整理を始めたはいいものの、いざやってみるとその大変さに何もできず、行き詰まってしまうこともあるかもしれません。
その場合、遺品整理を専門に行う「プロ」に代行してもらうことができます。
限られた時間の中で、遺品整理士はその家々の状況に合った方法で手際よくきれいに整理してくれますので、遺品整理での多くの悩みを一気に解決できます。
また、相手はプロですが、だからといって全てお任せせず、依頼者側が主導権を持つことが大切です。
業者には、何を重視して作業してほしいかを、はっきりと伝えておく必要もあり、また、一緒に作業もしてくれますので、一つ一つ想い出を想い出しながらの作業もできます。

遺品整理業者選びのコツ
遺品整理業者とは遺族に代わって遺品整理を行ってくれる業者のことです。
遺族の体力的、精神的な負担が軽くなりますし、プロの手によって短時間で整理を終えることができるため近年利用者が増えています。
故人・遺族・ご近所への心遣いや、サービス内容の広さや専門性という点では遺品整理専門の業者に頼むのが良いでしょう。
とはいえ、遺品整理業者の中にも悪徳業者はいますので、信頼できる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。
悪徳業者の代表的な行為としては、回収した遺品を不法投棄する、遺品を盗難する、遺品を乱暴に扱う、高額な請求や追加請求をせまってくる、といったものです。

【良い業者を選ぶポイント】
良い業者の選び方① 遺品整理士が在籍しているか
良い業者の選び方② 丁寧な対応をしてくれたか
良い業者の選び方③ 訪問見積りに対応
良い業者の選び方④ 相見積り
良い業者の選び方⑤ 見積書に明確な記載があるか
良い業者の選び方⑥ 不用品の適切な処分がされているか
良い業者の選び方⑦ 許可・届出の有無を確認

相見積りをとることで、大まかな相場を把握できますし、業者ごとのサービスや料金も比較できます。
また、高すぎる料金を提示してくる業者を見分けることもできるでしょう。

良い遺品整理業者ほど、ご自身が行う作業内容について、丁寧にご説明を頂きますし、自分たちが持つ許認可などについてもしっかりとした認識を持ち、自分たちでできること・できないことも含め、きちんとご説明頂けます。
信頼をもって依頼できる方に依頼頂けるのが一番だと思いますが、業者選びの際には、このようなことを気にして、考えて頂けたら良いのではないでしょうか。

トピックス
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /